カテゴリー別アーカイブ: 雑感

雑談・矢作萌夏さんへ誕プレ渡したのはいつ?

以下妄想。
近頃東京へいったのは、
お話し会京都前泊へ行く前に立ち寄った(*)6/4
ホラー映画撮影のために、6/30-7/2
一番大事な撮影を行った日帰りの7/19 の3回。

調べたところ、すちちゃんの誕生日は7月5日。

可能性としては後ろの2つのどちらか。
前者は、7/2の早朝に撮影が終わって、それから睡眠をとったと思うけど、歯列矯正とスタバに行って、帰福、あまり時間はない。
後者は歯列矯正へ行ったことしかわからない。

難しいけど前者か。スタバに一緒に行ったってことでしょう。そのとき伏せてたのは、すちちゃんの7/5活動再開と関係あるんでしょうか?。

*マネージャさん京都で同行してるので、東京で仕事があったと考えるが自然。ということは、細居さんや双葉社スタッフと写真集の打合せしたのではないか。

AKB総選挙「未経験」世代も感激の涙 HKT48「リクアワ」で見えた若手の台頭

賛同してくれる方は少ないかもしれませんが、みくりんには早く卒業して欲しい(何度か書きましたが)。

2021年11月で発足から丸10年を迎えるHKT48で、若手メンバーの台頭が本格化してきた。ファンの投票で楽曲を選んでランキング形式で発表するコンサート「リクエストアワー」が7月24日に福岡市内で行われ、最も若手の5期生による楽曲「真っ赤なアンブレラ」が1位に輝いた。2位には4期生の楽曲「さくらんぼを結べるか?」が続き、4期生からは「(HKT48の)次の時代も見せられたんじゃないかなと思って、すご

情報源:

キャスティング

ママのふるさと → ホラーちゃんねる 樹海荘

と思ってたのですが、逆かもしれませんね。監督は最初から後者に起用するつもりで、前者を撮ってみた。結果は合格。まあ、どちらでもいいですけど。

さくら卒業

仲良しだったもりぽとはちょっと違う。HKT48を背負った先達の卒業ということで、モバメの長文。ちゃんと自分やグループの立ち位置が見えてる。私見では、HKT全体のことを考えることより、自分の価値をあげること、それがHKT全体のためになる。そういう立ち位置なんだと。
それより、(このサイトでも何度か書いたことがあるけど)自分やグループの立ち位置が見えるようになったことは、アイドルにとって良いとは思えない。客観視できるようになったらもはや青春ではない。出口を探そう。それとも、青春ではなく朱夏に生きる新しいコンセプトのアイドルグループに変える? 朱夏ではなく、初夏? 色は? 紫初夏うーん。
青春を出て行ったけど、朱夏の入口を見つけられない。これはアイドルだけでなく大多数の人が経験する。そういうコンセプト。これまでもそういうアイドルグループはあったけど、これまでHKTはその対極にいたからなぁ・・・難しい。