さくら卒業

仲良しだったもりぽとはちょっと違う。HKT48を背負った先達の卒業ということで、モバメの長文。ちゃんと自分やグループの立ち位置が見えてる。私見では、HKT全体のことを考えることより、自分の価値をあげること、それがHKT全体のためになる。そういう立ち位置なんだと。
それより、(このサイトでも何度か書いたことがあるけど)自分やグループの立ち位置が見えるようになったことは、アイドルにとって良いとは思えない。客観視できるようになったらもはや青春ではない。出口を探そう。それとも、青春ではなく朱夏に生きる新しいコンセプトのアイドルグループに変える? 朱夏ではなく、初夏? 色は? 紫初夏うーん。
青春を出て行ったけど、朱夏の入口を見つけられない。これはアイドルだけでなく大多数の人が経験する。そういうコンセプト。これまでもそういうアイドルグループはあったけど、これまでHKTはその対極にいたからなぁ・・・難しい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください